キャッチは禁止されている

決まりを破った場合の処罰

違反した人の処罰

風俗営業法や迷惑防止条例を違反した場合は、警察に逮捕されます。
逮捕された場合は、50万円から100万円ほどの違反金を支払うことになります。
お金を無事に支払うことができれば、それで終了するでしょうが、罪を犯したことに変わりはありません。
法律を守らなかったことが周囲に知られると、自分の信用が低下してしまう可能性があります。

そんな人を働かせていると、今度はお店の信頼が低下します。
メリットがないので、これまで働いていたお店をクビになるかもしれません。
そのように負の連鎖がどんどん続いていくので、少しくらい違反しても平気だという考えは捨ててください。
法律を守りながら、お客さんに声をかけることを徹底しましょう。

お店にも処罰がある

スタッフが法律違反になるキャッチをした場合は、お店にも処罰が行き渡ります。
短くて3か月、長いと6か月の間営業停止処分を受けます。
違反したスタッフが1人でも、処罰はお店全体が受けるのでデメリットが大きくなります。
これまでお客さんが入っていたお店でも、3か月も営業を停止していれば、その間にお客さんは違うお店に入ってしまいます。

営業停止処分の期間が終わって再開した後でも、法律を違反するようなお店に行きたいと思う人は少ないと思います。
そのまま、閉店せざるを得ない状態に陥ってしまう風俗店も見られるので、キャッチに関する法律を破ることの罪は非常に重いです。
1つのお店を閉店させてしまう可能性があると思って、宣伝しましょう。


この記事をシェアする