キャッチは禁止されている

風俗でお客さんを呼ぶ行為

禁止されていることとは何か

お客さんを勧誘する行為を、キャッチだと言います。
法律では、無理に連れてくる行為は禁止となっています。
そのような行為をしたり、誘いに乗った場合は法律違反になると覚えておきましょう。
法律を違反しないように、過剰な勧誘はどこのお店も控えなければいけません。
例え法律を知っていても、仕事熱心になっていればお客さんへのアピールが強くなってしまうかもしれません。

それを恐れて、ほとんど風俗店では外に出てスタッフがお客さんを呼び込む行為をやめています。
今はいろんな道具があるので、お客さんを呼ぶ方法は声をかけることだけではありません。
他の方法の方が、効率良くお客さんが集まりますし法律を違反することもないので安心できます。

セーフと言える行為

勧誘しなければ、キャッチにはなりません。
ですから歩いているお客さんに声をかける程度なら、合法だと言えます。
全くお店の情報をお客さんに提示できない状態では、集客することは難しいので声をかけるぐらいなら大丈夫だと認められています。
ですが自分が働いているお店に勧誘するようなことを言えば、法律を違反したと判断されます、

具体的には、お店の名前を言うなどの行為が当てはまります。
名前を出せば、そこに誘導したとみなされます。
お店の名前を出さないで、どこまでお客さんに情報を伝えることができるのかが、売り上げを大きく左右します。
また迷惑防止条例にも含まれるので、お客さんが迷惑だと思った時点で違法になる可能性があります。


この記事をシェアする