風俗店のキャッチに関する法律や条令

キャッチは禁止されている

風俗でお客さんを呼ぶ行為

どのような行為がキャッチに含まれるのか知ってください。 キャッチをすることは禁止だと法律で決められていても、スタッフが宣伝しないとお客さんは来てくれませんし、利用する方も良いお店を見つけられません。 どこまでが合法なのか知ると、法律違反をする心配はなくなります。

何がいけない行為なのか

風俗店のスタッフが外に出て、お客さんを呼ぶ行為をキャッチと呼んでいます。
少し前の繁華街では、よく見かけた光景だと思います。
実際に誘われて、風俗店を利用したことがある人も多いのではないでしょうか。
ですが今は繁華街でも、キャッチの姿を見かけることはほとんどなくなりました。
それは、法律でキャッチが禁止になったからです。
風俗に関する決まりなので、風俗営業法という法律にキャッチを禁止する旨が記載されています。

またお客さんに迷惑を与えたることにも繋がるので、迷惑防止条例にも含まれる可能性があります。
キャッチをしたら、風俗営業法と迷惑防止条例の2つを違反した罪にとらわれることがあるので気をつけましょう。
また、キャッチに誘われて風俗店に行くことも犯罪です。
お客さんが実際に逮捕されたケースも見られるので、自分は利用する側だから関係ないと思わないでください。
風俗店を使っている人なら、誰でも関係する部分です。

法律を違反しないためには、どのような行為がキャッチに含まれるのか調べてください。
自分が認識していたことと、法律に記載されていることが一致していない可能性があります。
知っている気になって風俗を利用するのは、危険です。
これから風俗を利用しようと思っている人はもちろん、これまで何度か利用していた人もこの機会にキャッチに関する法律を見直してください。
ちゃんとした知識を得られれば、安全に風俗を使っていくことができます。

チラシを配布することはいけない

お客さんを呼ぼうと、チラシを作っている風俗店が見られます。 ですが、チラシを作って配布する行為は迷惑防止条例の違反になります。 キャッチの時にチラシを配ることは、ぜったいにしないでください。 住宅のポストに風俗店のチラシを投函することも、禁止です。

決まりを破った場合の処罰

もし法律違反になるキャッチを警察に知られたら、どのぐらいの罪になってしまうのでしょうか。 違反金を支払うだけで済むケースがありますが、高額なので簡単に支払える金額ではありません。 またお金で解決できたとしても、法律を違反したという事実は消えません。